原因について

認知症になる原因を知って自分がなる可能性を低くしましょう。認知症の予防は生活習慣の改善やストレスを溜め込まないことで出来ます。これらを早期に始めて、リスクを減らしましょう。

Read more »

恐ろしい病気

高齢化が問題視されている現在では、認知症患者が急激に増える可能性も少なくありません。認知症になってしまったら家族の顔も忘れてしまったり、急に騒いだりします。そんな認知症の怖い行動について紹介します。

Read more »

付き合い方

夜中に出歩いたり、また食事を取ったりなど、家族が認知症を発症してしまったら目が話せません。患者の行動を良く知ることから始めるなど、認知症患者と付き合っていく方法を紹介していきます。

Read more »

家族の負担

認知症患者の行動にひとつひとつ対応すると、とてつもない負担になります。介護する側の負担が大きくならないように対処の方法を紹介します。自分に合った認知症患者との向き合う方法を見つけましょう。

Read more »

知識を得よう

認知症という言葉を聞いたことはありますか。
最近では、メディアによく取り上げられることも多く、危険な病気であるという認識がない人は少ないです。
以前までは、高齢者が掛かる病気だと思われていて若年者の発症など考えられていなかったのですが、現在では若年者の発症が多くなって来ています。
認知症には色々な種類があります。1番名前が知れ渡っているのが「アルツハイマー型」です。
これは、脳が萎縮して神経細胞が減少することによって、記憶力が低下することが原因になっています。
アルツハイマー型の他には、「脳血管型認知症」「レビー小体型認知症」「若年性認知症」などがあります。
発症年齢や軽度・重度、発症の原因で種類が分けられています。

認知症には、実はなりやすい性格があると言われています。
それは、自己中心的でわがままな人、几帳面な人、あまり人と接することが苦手な人が発症しやすいとされています。
つまり、ストレスを溜めやすい人は認知症を発症しやすいということがわかります。
日常生活でストレスを多く抱えている人は、記憶障害だけでなく免疫の低下も考えられていて、認知症以外の病気も発症するリスクが高くなるとされています。
運動をしたり、カラオケに行ったり、レジャースポーツを楽しんだりしてストレスを発散することも大切であります。
ストレスは、心だけでなく体にも悪い影響を与える事が多くあるので、溜め込まないように注意することから始めます。